スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨港線踏切

 DSC05758.jpg
このバスは幹神宮1系統、七里の渡し経由、神宮東門ゆきです。
次は臨港線踏切。臨港線踏切です。お降りの方はお知らせください。
 DSC05764.jpg
地下鉄名港線東海通駅3番出口を出て道なりに進むと突如として単線非電化の線路が横断する踏切が現れます。
近くにあるバス停の名前はズバリ「臨港線踏切」。地名ではなく踏切という場所が名前になっている大変珍しいバス停留所です。

DSC05760.jpg
DSC05765.jpgDSC05762.jpg
この踏切は新東海道踏切というJR貨物名古屋港線の踏切で。終点はレールセンターとなっており週に数回、DE10に牽引されたキヤ97がこの踏切を使用します。関東でいうところの越中島貨物線のような存在ですね。
錆びた踏切標識にはパノラマカーが描かれてるのはこれを設置した当時、愛知県警の職員がパノラマカーを大変気に入り、標識に採用しようと運動し実際に名鉄問わず国鉄や近鉄の踏切に設置されたそうです。
静かに眠る臨港線を伝える踏切。一度訪れてみてはいかががでしょうか
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

樽

Author:樽
配線とか信号とか
最近模型かじりだしました

Twitter

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。